ありがとうの心をかたちに。

創業以来大切にしてきたことは
お客さま、地域の皆さま、関係先の皆さまに
ありがとうと思ってもらえる商売をすることでした。
洋風のライフスタイルが当たり前になった暮らしだからこそ
かえって日本の美、きものの美しさが新鮮に映る今日この頃です。

日本の美しさをモダンに気軽にたおやかに。

ちょっとすてきな和の暮らしをお届けできるよう心がけています。
どうぞいつでも気軽に遊びにいらしてください。

カメブの三つの誓い

一、私たちは時代の流れを読み、お客さまのニーズを捉えます。
一、私たちはお客様に確かな商品と心からの感謝をお届けします。
一、私たちは社会に貢献し、地域に豊かさを提供します。

カメブ呉服店 代表 前島 康

カメブHISTORY

本家 亀半 前島 由之

初代  亀武  前島 武七

本家カメブは明治5年の創業。初代の前島武七が小間物を扱う店から始め、徐々に反物や帯地など商う品を増やし、呉服屋へと変化していきました。

つねに時代を先読みし、人々に喜んでもらえるものは何かを感じ取り、一人一人のお客さまを大切にすることで、お得意様を増やしてきました。現代においては、日本の和装文化を次代に伝え、地域の皆さまのお役に立てるよう日々精進しております。

カメブ呉服店のルーツは常陸太田(常陸太田市東町)、2人の創始者が本家に残る掛け軸に描かれています。

 

カメブ呉服店のあゆみ

文化年間(1800年代) 前島 伝次郎 「亀半」創業
佐竹氏の一族で南北朝時代武門より転向し亀作に住む(2016年茨城県県北芸術祭 資料より)
安政4年6月4日(1857年) 前島 由之 没

明治10年1月(1877年) 前島武七 常陸太田市東二町に 亀武呉服店創業
    
亀武 二代目 前島 吉之助
昭和11年11月(1936年) 前島 重蔵 常陸多賀に分店開店
昭和51年10月(1976年) 屋号を 亀武呉服店からカメブ呉服店へ改める
昭和62年 6月 (1987年) 前島 正太郎 稼業継承
平成29年 9月 (2017年) 前島 康 事業継承 本店移転

 

会社概要

社名 カメブ呉服店
商号 有限会社カメブ呉服店
代表者 代表取締役 前島 康
創業 明治10年(1877年)
設立 平成元年10月
取扱商品 きもの(振袖・七五三・ゆかた・訪問着・帯・黒留袖・小物など全般)・洋装品・宝飾品(真珠・お念珠など)
所在地 〒316-0003 茨城県日立市多賀町1丁目13−7
営業時間 AM9:30〜PM6:00
定休日 木曜日
電話番号 0294-33-0873  フリーダイヤル 0120-16-0873
FAX番号 0294-36-3921
URL https://kamebu.com/
E-MAIL info@kamebu.com

アクセス

JR常磐線「常陸多賀(ひたちたが)」駅から徒歩3分  駐車場完備
バス停留所「千石町(ちこくちょう)駅」・「多賀駅」から徒歩2分