長寿祝い着

今日本では、かつて無い高齢化社会を迎えております。その現実を明るく迎える為に先人の残した知恵を拝借し前向きの立ち向かうべきであると思います。例えばその中に長寿の祝い、賀寿の祝いをご紹介します。もともと中国の風習だったのですが、奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族たちの間に広く行われるようになり江戸時代に一般庶民の間にひろがったものです。具体的には、長寿の祝い「古稀」「喜寿」などのお祝いは数え年で祝うものです。しかし「還暦」だけは「満六十歳」(数え年で六十一歳)でお祝いします。還暦は誕生日とは直接関わりがありませんが、六十歳の誕生日にお祝いをすることが大変多くなっています。誕生日でなくとも、「敬老の日」など記念日が、還暦祝いに選ばれやすいようです。 人の世は山坂多い旅の道年齢の61歳に迎えがきたら                        

還暦(赤)61歳 とんでもないよと追い返せ 古希(紫)70歳 まだまだ早いとつっぱなせ  喜寿(紫)77歳 せくな老楽これからよ  傘寿(紫)80歳 なんのまだまだ役に立つ 米寿(黄)88歳 もう少しお米を食べてから 卒寿(黄)90歳 年齢には卒業はない筈よ 白寿(白)99歳 百歳のお祝いが済むまでは 茶寿 108歳 まだまだお茶が飲み足らん 皇寿  111歳 そろそろゆずろうか日本一  

                念ずれば花ひらく

還暦祝い着セット ネット割引 5,800円

ポリエステル 100%
(中綿:ポリエステル100%)
フリーサイズ 身丈 73cm(前紐で調整可能です。)
還暦祝着セット内容:還暦祝着・還暦大黒頭巾・還暦祝扇子

高級感漂う光沢生地 おめでたい鶴をあしらったジャガード織

カメブより