置賜紬展

2009年 総くくり

NHK大河ドラマ

「天地人」の里の作品展

 ご存知NHK大河ドラマ「天地人」は11月22日(日)をもちまして終了となり「歴女」(れきじょ)なる言葉も生まれました。

 関が原の戦いで西軍についた上杉藩は百二十万石から4分の1の30万石に減封そして米沢へと国替えとなりました。主人公”直江兼続”はその苦境の中産業として米沢での桑・紅花・青芋・漆などなどを奨励し、今の「置賜紬」の基をつくりました。

 ドラマの完結とともにこのたびそんな歴史の中で生まれた作品「置賜紬」をご紹介させていたきます。

 作品・・米沢紬・紅花紬・ぜんまい織・米琉紬・紅泥染・・・その他

               〜きもの・帯とも10万円代から〜

置賜紬展

カメブより