堂々の1位は赤(34%)

昔から振袖は赤が定番。今年は特にお嬢様らしい色として着目されています。赤は、厄除けの色とも言われ日本人の肌を美しく見せます。

百花繚乱 さまざまな花が咲き誇る様は、喜びに満ちた人生そのもの。
幸せな未来を予見する花模様の振袖は、大人への一歩を踏み出す晴れの日にふさわしいスペシャルな一着です。

上品な赤色に黒がきいた振袖松竹梅や桜、牡丹、橘など日本を代表する花々の美しさが女性を華やかにいろどります。

凛々しさに華やかさを添える小花がきれい金色の帯や揺れる髪飾りで大和撫子風に。

誰もが着たかった憧れの赤い花振袖古典的な花々の文様と編んだ髪がフェミニン。